港区のオフィスMG愛宕ビル

MG愛宕ビルは、港区の西新橋にあるオフィスビルです。2008年完成と比較的新しく、地下鉄の複数の路線の駅からアクセスすることが出来ます。都心でビジネスを行うには最適な、新橋と六本木の間にある物件です。エレベーターも1基あり、トイレも男女別で完備です。OAフロアもあるため、コンピュータ等のゴチャゴチャしてしまうような配線にも困りません。柱がなく、開放感があり、40.39坪のオフィス空間を広々と使用することが出来ます。部屋が南西向きのため、採光性もあります。また、このビルから見える近隣の神社は、出世に縁起のよい物として、ビジネスマンがよく参拝を行うなど、ビジネスを行う上で縁起のよい立地にあるビルです。立地条件にも恵まれていて、広く開放感もあり設備も充実しているこのビルなら、快適に作業を行うことが可能です。

MG愛宕ビル、新しい街の予感

MG愛宕ビルは、東京都が進める大型開発の一つである、環状2号線、通称新虎通り開発の近傍に位置しています。本開発は、日本のシャンゼリゼ通りを目指す大通りを中心に、森ビルが建設した虎ノ門ヒルズと、東京オリンピックまでに建てられる2棟の新ビル、そして日比谷線新駅や、新交通BRTの運行が決まっています。まさに東京の新しいオフィス街の誕生です。西新橋という地名から、賑やかで活気のあるオジさんサラリーマンの街を想像しますが、実際にはとても静かで清潔な町です。それは、目の前の慈恵大病院や、芝公園愛宕山の都市計画公園地区に近接しているからでしょう。残念ながら、すぐ近くに立地する東京タワーをMG愛宕ビルから眺めることは難しいですが、目と鼻の先にある愛宕神社は、出世の神様。このビルで行う事業は、常に神様に見守られていると言えるでしょう。

明るい外観のMG愛宕ビル

MG愛宕ビルは、周囲の建物より高層建築となっているため、眺望も抜群。エントランスは明るいタイル張りで、24時間利用可能のため、事務所として利用するには適しています。また、アクセスも御成門駅や神谷町駅から徒歩10分前後であり、働く人はもちろんのこと、ご来客の方々にも案内しやすい好立地です。MG愛宕ビルの各部屋には大きな窓を設けてあるため、自然光をふんだんに取り入れることができます。内装レイアウトの自由度も高く、動線を考えたオフィス設計ができることも魅力の一つ。共用部は清潔感があり、設備面でも充実しています。MG愛宕ビルの周辺は、静かな雰囲気で過ごしやすく、飲食店も豊富。オフィスの外でもコミュニケーションを高める機会を設けることができます。賃貸オフィスの条件を満足させることのできる優良物件です。

  • Posted on 18. 12月 2015
  • Written by admin
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)