貸会議室の利用法ーお稽古場所として用いる

自分に書道やフラダンス、ちぎり絵・・などの技術があり、人に教えるほどの腕前がある。となると、つい人にも教えたくなりますよね。かといって、教室を開く程の部屋が自宅にはなく、またどこかのテナントで教室を開く。となると、改装費や月々何万円、という支払いが必要になりますよね。そんな時はどうすればいいでしょうか?それは教室を開催する曜日だけ、貸会議室を利用することです。15人ほどの少人数が収容できる小さな貸会議室ですと、場所にもよりますが、1時間で2500円くらいからあります。とても手頃ですよね。生徒の人数で割ると1人の負担が少なくて済みますよね。暖房や冷房なども完備されていて、使用する際ほんの100円か200円か加算されるだけで、快適に教室で自分の技術を他の人に教えることが出来るのですから大変便利ですね。

貸会議室を有効利用する。

四月も始まり、新生活をスタートされた方は多いと思います。新入社員を歓迎したり研修されたりと忙しい方も多いことと思います。一度に多くの人をまとめて話を聞いてもらうことって結構大変なことだと思います。中小企業の会社では会議室を持たない会社もあると思います。断捨離ブームで必要のないものは持たないという選択をされている方もいるでしょう。私も、その考え方は素晴らしいと思っています。会議室も使わなければ、維持費がかかってしまうかもしれません。よほど頻繁に使うことがないのならば、必要な時に必要な時間だけ利用するということは賢い方法ですね。レンタカーを借りるような感覚で、貸会議室を身近に使えるのならば便利だと思います。会社などだけではなく、新生活をスタートしてお子さんの役員会なんかの会議でも利用できたら便利だと思います。しかし、なんと言ってもコストがかかるイメージは切り離せません。一般の人にも安く利用できるとより便利だと思います。

貸会議室を利用する企業が増えている?

最近、貸会議室を利用する企業が増えているようです。その理由は様々ですが、コストダウンに繋がるというのが大きいように感じます。貸会議室とは文字どおりレンタルされている会議室の事です。社内でのミーティングなど短時間かつ毎日行われるものに関しては逆にコストが掛かりますが、新人の研修や数ヶ月に一度くらいのペースで行われる多人数が参加する会議が対象であれば一時的に設備の揃った会議室を借りた方が維持費も掛からないので経済的というわけですね。自社に会議室を設けるとなると設備の維持はもちろん、清掃も必要ですし季節によっては冷暖房も必要になるので結構な費用が掛かります。それよりは一時的に会議室をレンタルした方が良いので利用する企業が増えるのも納得できる話です。不況が続き企業では如何にコストを減らすかが問われていますから、こういったサービスを上手に利用していきたいですね。

  • Posted on 17. 4月 2014
  • Written by admin
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)